法人慰霊祭

先月6月28日、亡くなられた利用者さん、創設者、諸先輩方、親御さん、関係した皆さん、併せて永年にわたりお世話いただいた職員の御霊についても一緒にその遺徳を偲び、慰めることを目的とし、冥福を祈りながら哀悼の意を表するとともに、私たちが未来へ向けて一歩踏み出せるような祭儀、「慰霊祭」を行いました。

雨が降り出しそうな空模様の中、法人理事長をはじめ、代表の利用者様、役職員、ほうおん後援会役員の皆様が“ポチ像”の前に集まり、祈りを込めて献花などを行いました。

 

慰霊の言葉

 

創設者であられる小池九一さんが残された一文に「職員も家族も生徒も混然一体となって札幌報恩学園という一大家族をなして、希望に起き、感謝に寝る生活を理想として、努力を続けている」と記されており、家庭の重要性が説かれております。

 

本日の「慰霊祭」に際し、職員⇒役職員、家族⇒保護者、生徒⇒利用者、札幌報恩学園⇒札幌報恩会へと読み替えると、より現状につながってくると思います。

今も昔も変わらないのは、みんなが、お互いに家族同様のお付き合いを重ね、別れても、心のよりどころとして集うのが上野幌であり、「報恩園」であってほしいと願うところです。

 

6月28日は、亡くなった「小池スミおばあちゃん」の命日です。上野幌にみんなで引っ越してきて、約10年、現在、地域交流センター「ひまわり」のある場所で、ダリヤや菊の花に囲まれ、お元気に住んでおられました。「芯の強い、やさしいおばあちゃん」でした。

 

物故された利用者のみなさま、保護者・後援会のみなさま、役職員のみなさま、数多くの御霊に、深甚なる感謝を奉げ、先々にわたりお導き下さいますようお願い申し上げ、慰霊の言葉と致します。

 

令和4年6月28日      

札幌報恩会 理事長 山下 太郎


報恩まつり2021

9月23日(木)に「報恩まつり2021」を開催いたしました。昨年同様、利用者様のみを対象とした、例年とは違う規模の小さい祭りとなりましたが、それでも利用者様は楽しんでくれていました。

屋台を開き、焼き鳥、フランクフルト、ポップコーンを用意いたしました。ゲームでは輪投げとボウリングを行いました。一番盛り上がったのが利用者様と職員の“笑顔の写真”を大きな用紙に張り付け、1つの木を描くという「報恩笑顔プロジェクト」でした。これらの画像を載せてありますので是非ご覧下さい。

報恩まつり2021企画実行委員会



写真をクリック、タップで拡大できます。

1.さくら

2.ポピー

3.ルピナス

4.らいらっく

5.ぽぷら

6.あかしあ

7.すずらん

8.はまなす

9.ワークショップ上野幌

10.そよ風

11.くるみ寮

報恩笑顔プロジェクトの完了です!

〈幌西ほうおんミニまつり〉2021

報恩まつりと同じ日の9月23日、「第2回幌西ほうおんミニまつり」を行いました。

 

ヨーヨー釣りや輪投げ等、計6種類の手作りゲームコーナーをスタンプラリー形式で回りました。中でも3階の多目的室を使用して準備したお化け屋敷は怖さも本格的で、途中でリタイヤしてしまう方もいましたが、どれも楽しく遊ぶ事が出来ました。飲食コーナーでは手作りたこ焼きや焼きそば、焼き鳥等を用意しました。準備段階から建物内はおしそうな匂いに包まれ、おまつりの雰囲気を大いに感じる事が出来ました。現在、外出等は難しい状況の中ですが、利用者様、職員共に笑い声や笑顔が多く見られ、楽しい1日を過ごしました。